姿勢と気持ち♪フィジオロジー

ちょっと聞き慣れない言葉ですね。

フィジオロジー。直訳すると、生理学。

 

ここでは、身体の状態と気持ち、パフォーマンスの関係、と思ってもいいかもしれません。

古来、人の気持ちの状態と、身体の状態は密接に関わりを持っている、

ということが知られていました。

 

たとえば、

何かでカッとして怒った時には、身体が熱くなり、こわばって、声も固く乱暴になります。

たぶん血圧もあがり、息も早くなりますよね。

 

このように、

普通、何かがあって、その結果として身体の状態が変わるだけ、と思いがち。

ところが身体の状態は、自分の内的な状態に左右されるだけなのか?

というと、そうでもないみたいなんですね。

 

よくこういうお話を聞いた事がありませんか?

 

楽しいから笑うのではない。笑うから楽しくなるんだ。

 

 

人の脳は、自分がどんな状態か、

五感から入ってくる情報で判断しています。

 

これは、テレビでやっていた実験のお話。

 

同じ漫画を2つのグループに読んでもらい、面白さに点をつけてもらいます。

①普通に読んだグループ

②割り箸を口にくわえて読んだ(つまり笑ってる状態に無理矢理なってる)グループ

 

さて、結果はどうだったか?

明らかに②のグループの方が、面白い、と感じている割合が高かったそうです。

つまり、身体がどんな状態かによって、脳は大きく影響をうけるんですね。

 

同じように、外からの刺激が気持ちを左右します。

きれいなものを見たら、いい気分になるし、

良い音楽を聴いてもそう。

美味しいものを食べながら、不機嫌になるって難しいですよね(笑)

 

 

 

ためしに、ちょっと落ち込む事を考えてみてください。

 

どんな姿勢になってますか?

 おそらくちょっと猫背になって、目線もさがり、身体の力も抜けてますね?

 

普通は、こういう時、どうしようもない。。。と思ってしまいますが。。

 

身体の状態を変える事で気持ちを変える事も、可能なんですよ

 

背筋をちゃんと伸ばして、目線をあげてみてください。

そして力強い声で「大丈夫!」って言ってみてください。

そのままで、落ち込む事を考え続ける事ができるでしょうか???

 

なんだか、落ち込んでる自分を笑っちゃいたくなりませんか?

 

 

こんな感じで、

「自信がないんです」

 

「では、自信があるように振る舞ってください」

 

というような、禅問答のようなやりとりもあるんです。。。

 

これは実話。

昨年の始めに、あるセミナーで学び始めた時、

「目標は?」と聞かれて、

「自信をもつ事です」

と答えた私に、講師の方は、

 

「じゃあ、今から自信をもってやりましょう!」

と明るくおっしゃいました。

 

最初は???でしたが、徐々にわかって来たのは、

 

自信のない言動をしていたら、いつまでたっても自信はでて来ない

ということだったんですね。

 

 

さて、みなさんが手に入れたい状態はどんなものでしょう?

その状態にふさわしい姿勢って、どんなのかな?

 

まずは。。。

ちょっと落ち込んだとき、

 

顔を上げて、上をしっかりとみながら、背筋を伸ばしてみてくださいね!